セカンドオピニオンサービス

セカンドオピニオンサービス

歯科クリニックを専門とする税理士がお応えします。

こんな風に思ったことはありませんか?

● いまの税理士が経営の相談に乗ってくれない
● いまの税理士は歯科業界に詳しくないような気がする。
● 次なる成長のための打ち手を一緒に考えてほしい。
● 税務調査の対応に不安がある
● 節税対策を一緒に考えてほしい
● お金の不安が尽きない  etc

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンはお医者さんだけではありません。

最近はドクターに診断を受けた後、他のドクターの診断も受けてみて、納得できる治療法を選ぶ方が増えています。この「他のドクターの意見」をセカンドオピニオンといいます。
病気を治すときにいくつかの治療方法や薬があるときに、ドクターによって勧められる治療法が異なることもあるので、セカンドオピニオンを聞くことで、自分にとって一番いい治療法を選ぶことができます。
税理士にもさまざまなタイプの事務所があります。特に会計処理や申告書の作成は、その税理士事務所の個性が色濃く出るものです。果たしていまの会計処理が、歯科クリニックの将来にとって最善の選択となっているかどうか、一度しょうじ会計のセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。 

 

相談をされる方へ

セカンドオピニオン

1 過去3年分の確定申告書と青色決算書をお持ちください
過去3年分の確定申告書と青色決算書をお持ちください。確定申告書の作成状況から、どのような経理処理を行っているか推測できます。また青色決算書からは、収入や経費の内容を読み取ることができます。これらを起点として、さまざまなヒアリングをさせていただきます。

2 秘密は厳守します。
私たちは、ドクターがしょうじ会計に相談したことは誰にも伝えません。もちろん今ドクターが頼んでいる税理士に知らせることもありませんから、「今の先生に相談したことが知られたら困る」と心配しなくても大丈夫です。

3 税理士を代える必要はありません。
セカンドオピニオンは、税理士を代えるための相談ではありません。税理士を代えるのは多大な心理的負担が伴いますので、よほどのことがない限り、私たちから税理士を代えるように勧めることはありません。
セカンドオピニオン相談は、いまの税理士がしっかりやってくれているかをドクターにわかりやすく説明して理解していただくための相談です。

マンガでわかる「後悔しない税理士の選び方」
お問い合わせ

お問い合わせ

Copyright© 2015 国立市の歯科専門税理士/歯科医院の融資、節税、経営向上なら/しょうじ会計事務所医業事業部/国立市や立川市で歯科税理士をお探しなら庄司会計協働事務所へ。 All Rights Reserved.